バナー

新橋の居酒屋と200万

19歳の時の事だったと思う。

19歳で飲んでいいのかという議論はここではしない。

スカイツリーでランチに関する情報が満載のサイトです。

とにかく19歳の夏に、新橋のガード下の居酒屋で一人で飲んでいたのだ。


居酒屋といっても、ビールのケースの上にトタン板を渡したものがテーブル代わりであるガード下の屋台のような店だ。

新橋や有楽町に良くある典型的な居酒屋だ。その時は確かアルバイトで東京にやってきて近くのホテルに宿泊していたのだ。

退屈な時間を持て余し、新橋のガード下の居酒屋にたどり着いたのだ。ふたつ向こうのテーブルで、売れない画家に見える長髪で色白の気の弱そうな若い男と、とび職の男が何かしゃべりながら飲んでいるのは知っていた。

組み合わせがあまりにも妙だったからである。若者は幾分迷惑そうに見えた。

知って得する小牧の鰻情報を楽しくお得に利用しましょう。

その居酒屋で一人で飲んでいた若者のところにとび職の男が乱入したか、とび職の男が飲んでいる前をたまたま通った若者が蜘蛛の巣にからめ捕られるように捕まったのかどちらかだろう。二人の前のテーブルにはパーティーでもするのか、と思うような大皿に焼き鳥が並べられていた。
ビールを1本のみ終え。

あなたにぴったりのオススメのケータリングの情報サイトです。

そろそろ腰を上げようかと思った時に若者がとび職を残して帰って行った。

気になるオススメのケータリングの情報が沢山詰まったサイトです。

とび職の男と目があった。
まずい、と思った時はすでに遅かったのだ。

栄のうなぎの情報はここで調べよう。

絵描きの後釜としてからめ捕られてしまった。

手招きにあらがえるほどの経験は積んでいなかった。


山のような焼き鳥を積んだ皿の前でとび職の男は自分の妻が出た大学を自慢した。


いや、誰もが知っている有名大学を出た、妻をひたすら自慢していた。

そのほかになにを話したのかは覚えていない。いつ逃げ出そううかと隙を狙いながら、終わりのない話に相槌を打っていたのだとおもう。
焼き鳥の味も酒の味も覚えていない。
目の前の大皿の支払いが、気になっていたのだ。

おそらく、先ほどの画家の支払いも済んではいないだろう。
ひょっとしたら画家自体が二番目か三番目目だったのかも知れない。


いっそ走って逃げるか、そう思った時、とび職の男がトイレに立った。財布をテーブルに投げ置いて。

200万は入っていただろうか。


新橋の居酒屋での話しだ。


http://okwave.jp/qa/q2847551.html
http://top.tsite.jp/news/asia/o/25939823/
http://oshiete.goo.ne.jp/search_goo/result/?from=minken&code=utf8&MT=%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%20%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0